modthings

modthings.exblog.jp

modthings

<   2014年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

a0213779_2332736.jpg


Ian Wright-監修の名コンピ『Sister Funk2』に収録されたことで一躍有名となり、JAZZMANから再発されたことでも知られる 「Sheila Wilkerson - Baby Your A Jive Cat (RFT – 3012)」を手に入れることができました。ブーガルーにファンクが絡んだ1968年作の強烈なダンスナンバーをモッズやソウル/ファンクダンサーにお届けするのがとても楽しみです。

この曲の発表から5年後の1973年、ニューソウル期まっただ中にリリースされたスティーヴィー・ワンダーの『インナーヴィジョン』は多くの音楽リスナーに語り継がれる名盤ですが、なんとその中の「Don't You Worry 'Bout A Thing」にボンゴ奏者としてクレジットされているのがこのSheila Wilkerson。あの天才マルチプレイヤー、スティーヴィーを差し置いてボンゴ叩くとは、シェイラさん最高です(ボンゴ奏者だったのね)。そしてこの2曲を除き活動は全くといっていいほど表舞台に登場しないところもまた。

ちなみにこの「Baby Your A Jive Cat」、こうしたコンピ等で注目されたこともあってEgo Wrappin'にもカバーされているらしいです。ということで、来月20日のダンスクレイズをよろしくお願いします!

Sheila Wilkerson - Baby Your A Jive Cat (RFT – 3012)


[PR]
by modthing | 2014-08-19 16:12 | MODS | Comments(0)

a0213779_2365786.jpg

ダンスクレイズ開催は9月20日(土)、新栄クラブブッダにて夜10時スタートです。今回ゲストとして登場していただくのは名古屋在住のソウルコレクター/DJのMARUKO氏。前回のゲスト出演時でみせた
圧倒的なソウルフルなダンスフロアがここクラブブッダに再び!

これぞソウルの結晶!純度100パーセントの世界!

地元広島を始めとする日本各地のソウルシーンからの信頼も厚いMARUKO氏によるDJプレイ、どうぞお楽しみに!!


1950年代後半から60年代半ばにかけてロンドンの若者を中心に流行したカルト・ユースカルチャー“モッズ”。シャープなオーダーメイドスーツからリーヴァイス、フレッドペリー、クラークスなどに代表されるカジュアルスタイルまで、自身が愛好するファッションを身に纏ったモッズは、ヴェスパやランブレッタといったイタリア製スクーターを移動手段とし、リズム&ブルースやジャズ、ソウルミュージックなどのアメリカ産ブラックミュージックがプレイされるモッドクラブで夜通し踊り狂っていた。これらのモッズのライフスタイルは、その誕生から半世紀以上経った今も尚、多くの人々を魅了し続けている。ダンスクレイズでは往年のモッドイズムを踏襲しつつも、いまの空気感を取入れたモッドクラブスタイルをお届けします。

ファッション・音楽・ダンス・ヴィンテージスクーターなど、さまざまな要素が融合したモッドイベント「ダンスクレイズ」は、音楽ファン以外も楽しめる空間となっているのが最大の魅力。いつもの人はもちろん、初めての人も気軽に足を運んで名古屋モッズシーンを体験しましょう!

■ 9.20(sat) 10PM start

■ club buddha : http://www.clubbuddha.com/

■ 前売りチケット: 2000yen (with 2drink + CD) / 当日 : 2000yen (with 1drink)

■ 60's R&B, Soul, Jazz and Funk

■ Guest DJ : MARUKO

■ CRAZE SET! : TAKU / KITAZIMA / MORIMOTO

■ 前売りチケット取扱店(特典CD付き)
fab chic
住所:名古屋市中区大須3丁目37-37
電話:052-251-6570
[PR]
by modthing | 2014-08-12 21:55 | MODS | Comments(0)
ブログトップ