modthings

modthings.exblog.jp

modthings

<   2012年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

a0213779_011670.jpg


前回はジミー役の候補だったジョニー・ロットンと、ジミーのモデルになったオリジナル・モッド、アイリッシュ・ジャックの共通項を中心に書いてみましたが、今回は少し映画寄りのテーマである“伏線”について書いてみたいと思います。



◼ふく‐せん【伏線】
小説や戯曲などで、のちの展開に備えてそれに関連した事柄を前のほうでほのめかしておくこと。また、その事柄。「主人公の行動に―を敷く」大辞泉より

例:「この戦争が終わったら○○と結婚するんだ」、「さようなら。君に会えて本当に良かった」等のセリフの後に死に至ったり絶望的な状況になることがある。wiki<フラグ>より




上の例のようなベタなものはクライシス系映画なんかでよくみられますね。個人的にはこの手のものよりも映画を2度、3度と繰り返し見ていくうちに、「あ、ここはそうだったのか」と気付くくらいの方が味があって好きです。その辺は個人で好みが別れるところだと思いますが、このように伏線とは物語が展開していく上での大きな鍵であり、その練り方次第で作品の出来が大きく変わってしまうほどの重要な役割を担っています。映画や小説でもこういった部分に注意して鑑賞すると鑑賞後の印象や感想は随分と変わってきますね。



当然、この物語でも幾つかの伏線が存在します。
まず挙げられるのがこちら。ジミーがピートのドラッグの入手先を聞きにスクーターに乗って出発するシーン。
a0213779_0245418.png

出発するジミーに向かってスクラップ車が画面左から突進する形で不自然に飛び出してきます。観ている側は一瞬冷やっとするのですが、画面奥のジミーと手前のスクラップ車が衝突することはありません。あえてこのような見せ方をしたのは、その後に起こるジミーのスクーターが郵便配達車に惹かれる場面(下写真)を暗示させているからでしょうか。
a0213779_23121921.png






そして、今回一番驚いたのがこちら。
ロッカーズの旧友ケビンとの会話の中で、モッズについて語るジミー。

ケビン
"モッズもロッカーズも関係ないよ"
"同じことだ"

ジミー
"俺は人と同じなんて真っ平だね"
"だからモッズさ"
"大物になりたいんだ"
"でなきゃ死ぬ方がましだ"

a0213779_23142124.png

最後の「死ぬ方がましだ」に差し掛かった時、思わず再生を止めました。英語が苦手な私でさえ「jump in the sea ~ 」と聞きとることができました。重要な台詞の予感。気になって巻き戻して再度再生しましたが、「sea」の先が聞き取れなかったのでその部分のセリフを検索したところ「jump in the sea and drown」と言っていることが判りました。 日本語に訳すと「海に飛び込んで溺れた方がまし」そんなところでしょうか。下に原文を載せておきます。

Kev:
I don't give a monkey's arsehole about Mods and Rockers.
Underneath, we're all the same, 'n't we?

Jimmy:
No, Kev, that's it. Look, I don't wanna be the same as everybody else. That's why I'm a Mod, see?
I mean, you gotta be somebody, ain't ya, or you might as well jump in the sea and drown.



お気付きでしょうか。
この台詞が衝撃のラストシーンに繋がる伏線だということに。

この作品の“肝”ともいえる台詞がこのような形で隠されていたのには驚きました。これが判ったからといってストーリーも感想も変わることはありませんが、作り手が考えたものを、このような形で映画作品としての魅力が伝えられないことは残念なことです。それでも公開から33年が経ったこの映画が、今も尚世代を超えたて多くの人々に見続けられることによって、新たな発見や解釈が生まれる可能性があることは本当に素晴らしいことだと思います。


続く
[PR]
by modthing | 2012-12-30 23:49 | MODS
・モッズ
モッズ (Mod, Mods, Modernism or sometimes Modism) は、イギリスの若い労働者がロンドン近辺で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。モッズファッションとしてよく連想されるものとして、髪を下ろしたMod Cut、細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーパーカー、多数のミラーで装飾されたスクーターなどがある。wikiより

・さらば青春の光
1965年、ロンドン。広告代理店でメッセンジャーをしているジミー(フィル・ダニエルズ)は、仕事そっちのけで、モッズの仲間たちとドラッグやダンスに明け暮れる毎日を過ごしている。街では皮ジャンにリーゼントスタイルのロッカーズも群をなしており、モッズたちとの対立は深まるばかり。ジミーが、週末に仲間と訪れた海岸の街・ブライトンでも、モッズたちとロッカーズの衝突から暴動が起こり、彼自身もケンカに巻き込まれてしまう。そして、警察が出動し、新聞でも大きく報道されたこの事件は、両親や会社の上司の知るところとなり、ジミーは世間から疎外されてしまうのだった・・・。wikiより

a0213779_0414670.jpg

[QUADROPHENIA]



このモッズカルチャーに興味を持った殆どの人間が見ているはずのモッズフィルムの金字塔「さらば青春の光」を初めて観たのは、たしか高校1年生の頃。それから今までに何度か、主にファッションの参考に観たのですが、主人公ジミーの着こなしと喋り方、フェイス役のスティングの田舎臭さなど、それらがどうも苦手で、ぼんやりとした印象しか残っていなかったのですが、最後に見てから既に5年は経過しており、その間シネマハスラーではないけれど多少映画の見方もわかるようになってきた気がするので、今一度映画作品として真面目に見てみようと思いました。結論からいうと、これまでの評価が一転、実に素晴らしい作品でした。そこで今回は手始めとして、この映画をオリジナルモッドと絡めて少し深い話をしてみたいと思います。


2006年に発売されたスペシャルエディションDVDの発売は多くの人にとって事件でした。そのDISC2に収められてある内容はこちら。

・メイキング・オブ・「さらば青春の光」
・監督によるロケ地解説
・ザ・フーとその時代
・キャスティング秘話
・撮影秘話
・時代を超えて
・エンディングシーンを語る

中でも一番衝撃的だったのが、当初、ジミー役の候補にあのセッックスピストルズのジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)が挙がっていたということ。

実際に彼はオーディションでセリフテストなどを完璧にこなしたのですが、素行が悪過ぎたために保険会社から許可が下りなかったことは、今年発売されたモッズに関するあれやこれやをA to Z方式に簡潔にまとめた「A to Z of Mod」にも書かれています。

さらにこの本には、ジミーのモデルになった人物として“アイリッシュ・ジャック”が紹介されています。彼はザ・フーの5人目のメンバー(メンバーは4人)としてその名を知られており、バンドとの関係は若きモッド時代から現在に至るまで続いています。また、アイルランド出身のシェパードブッシュエリアのモッド(ジミーもそうですね)で、アイリッシュ・ジャックという名前はザ・フーのマネージャーのキット・ランバートが名付けました。あのリチャード・バーンズの写真集「モッズ!」にも登場しており、<チューインガム・ウィークエンド>という言葉を考えた人物としても紹介されています。

a0213779_0194595.jpg

a0213779_020682.png

[IRISH JACK]




さて、このジョニー・ロットンとアイリッシュ・ジャック。
二人の人物に共通するものは一体何だかわかりますか?

そうです。
彼らはともにイギリスに暮らすアイルランド人だったということ。アイルランドとイギリスには長年の確執があり、イギリスにおけるアイルアンド人に対するは差別は大変酷く、根が深い問題だそうです。

ジミーにどこか“孤独な陰り”を感じられるのは、精神的な部分や薬の作用以外にもこうした背景があるのかもしれませんね。仮にこのような“裏”設定があるのだとすれば、そしてキャスティングにthe WHOのメンバーも関係しているのだとすれば、ジミーの候補がアイルランド系のジョニー・ロットンだったというのは妙に納得がいきます。


ちなみに、この映画の軸となるモッズvsロッカーズの抗争。バンクホリデーの度にブライトンをはじめとする海岸で数多く繰り広げられたそうですが、実際にはモダニストの多くがこのような抗争を嫌っており、キッズが参加していたというのが定説です。そのことからも、アイリッシュ・ジャックが暴動に参加した可能性は低いと思いますが、中には暴動に参加したというランディー・コーゼンスのような武闘派(?)モダニストもいたので、実際のところは不明です。FBで本人に聞いてみても面白いかもしれませんね。

続く

a0213779_0191792.jpg

a0213779_0193013.jpg

[RANDY COZENS]

[PR]
by modthing | 2012-12-29 00:43 | MODS


先日リリースされ、各方面から大きな反響があったパトリック・フォージ率いるDa Lataの7インチシングル"going underground"。そうです。後にSTYLE COUNCILを結成するポール・ウェラー率いるthe JAMのシングル曲のカバー。



ここでカバーの元となったthe JAMの"going underground"の話を少しすると、

モッズとロッカーズの抗争を軸に1960年代のオリジナルモッズのライフスタイルを描いた映画「さらば青春の光」が本国イギリスで公開されたのが1979年秋。

a0213779_2128082.jpg

the JAM


その半年後にリリースされたこのシングルは、これまでにないくらいのモッドリヴァイヴァル旋風に湧いている状況もあり、バンド初となる全英シングルチャート1位を獲得しました。このシングルを一つの転機として、今までのモッズビートバンドに区切りを付け、翌年にリリースされる「Sound Affects」から82年のラストアルバム「Gift」まで、バンドは音楽的にも商業的にも大きく成長を遂げていきます。



そしてカバーする側のDe Lataのパトリック・フォージはというと、

1980年代中期、カムデンのディングウォールズでの伝説のパーティー「SUNDAY AFTERNOON」でジャイルス・ピーターソンのサポートをしたり、またジャイルス、ボブ・ジョーンズらと「Talkin' Loud and Saying Something」を開催するなどジャズ・ダンス・シーンを定着させたシーン最重要DJの一人。

a0213779_2132189.jpg

Gilles Peterson presents his Legendary Dingwalls Sessions with Patrick Forge 2012


また、ウエストコースト・ジャズの走りともいわれるマイルス・デイヴィスの「Birth of Cool」から取った「Rebirth of Cool」(1991)でみせたコンパイルは、当時のUSヒップホップとUKクラブシーンをジャズで繋ぎ、今でこそ色々なところからJAZZYなヒップホップ・コンピレーションが出ていますが、それをこの時代にやってのけたセンスは驚きそのもの。

そしてスペイン語で"缶"や"スズ"といった意味があるDa Lataというの彼のユニットは、アフロ〜ブラジリアンの特色の強いユニットで、来年リリースされるアルバムから先行してシングルカットされたのが、今回紹介したこの"going underground"だったというわけです。



話を戻して、このシングルいかにもイギリス的だと思いませんか?

カバー元のJAMがイギリスのユース・カルチャー、モッズ(モッドリヴァイヴァル)を代表するバンドであることはもちろんですが、もう一つがサウンドシステムを想起させる中低音のミックスにあります。

<サウンドシステム>
1950年代にジャマイカの首都、キングストンのゲットーで生まれた野外ダンスパーティを提供する移動式の音響設備。1948年から1962年に連邦移民法によって移民が制限されるまで、イギリスに移住するジャマイカ人は年平均3万人を下らなかった。この大量移民時代はサウンドシステムという文化が世界に知れ渡るきっかけともなった。-wikiより-


先月死去したジャマイカ生まれのデューク・ヴィンは、1955年、イギリスに初めてサウンドシステムを導入しR&Bをかけました。また、今や世界的に有名になったノッティングヒル・カーニバルにもこれを持ち込みました。このカーニバルは、1980年からノーマン・ジェイが自身のサウンドシステムGood Timesと共に出演しており、ジャマイカで生まれたサウンドシステムはイギリスから一気に世界中へ知れ渡ることになりました。
a0213779_2137435.jpg

DUKE VIN


a0213779_2151195.jpg

Norman Jay pleasing the crowed of happy heads on the Goodtimes bus at The Nottinghill Carnival 07


そこで主題なのですが、イギリスといえば...そうです。

今週金曜日に開催されるダンスクレイズに、

なんと!

イギリスから日本に来ているAdam Torel氏が急遽ゲストDJ出演することが決定しました!

彼のプロフィールは次の通り。

本物です!

ご期待ください!


a0213779_20572255.jpg


■Adam Torel

長年に渡るレアノーザンソウルコレクションを経て、DJとしても世界中のクラブでの活躍の経験を持つ。本場イギリスでは伝説の100 Club 6ts Allnighterを初め、 Mousetrap, Crossfire, Brighton Weekender, Time Box, Downtown Soulville, Tune Up, Pork and Beans などに参加。そしてイギリスのみならず、アメリカでは Subway Soul Club, ドイツでの The Kings and Queens Weekender, スペインでの Euro YeYe Weekender, そして日本では Nude Restaurant, Tore Up, Stormer, Night Fox Club, Tighten Up への参加など。


Current Top 5 Spins:

The Celebrities – I Choose You (Boss)
Roy Roberts – So Much in Love (Sugar)
Felony Theft – When You Have Love (Foot)
Differences – 5 Minutes (Mon’ca)
Angela Davis – My Love is so Strong (Flaming Arrow)





a0213779_21401566.jpg



■12.21(fri) 21PM start!

■club buddha : http://www.clubbuddha.com/

■前売り : 2000yen(with 2drinks) / 当日:2000yen(with 1drink)

■Mods&60's / SOUL / R&B / JAZZ and more!

■GUEST LIVE SHOW : BLACK NAG

■DJs : TAKU / KITAZIMA / akifumi morimoto / Shogo Hatada / BANNO


■TICKET
<前売りチケット取扱店>
・blues dress L'ESPRIT NOUVEAU 名古屋市中区大須3-23-24
 TEL 052-262-5140

<メールでの前売り予約>
kktpg@jk9.so-net.ne.jp (club buddha) 上記メールアドレスへ【 日付 / イベント名 / チケットの枚数 / お名前 / 連絡先 】を明記して送信してください。予約が完了次第返信いたします。


ファッション・音楽・ダンス・ヴィンテージスクーターなど、
さまざまな要素が融合したモッドイベント「ダンスクレイズ」は、
音楽ファン以外も楽しめる空間となっているのが最大の魅力。
いつもの人はもちろん、初めての人もぜひ足を運んで
リアルな名古屋モッズシーンを体感してみてください。

■ダンスクレイズFBページ
http://www.facebook.com/dancecrazenagoya
[PR]
by modthing | 2012-12-18 21:41 | MODS
■BLACK NAG
MID '60s~Early '70sのディープかつファンキーなソウル、ファンクをレパートリーとする名古屋でも数少ないイエロー・スキンド・ソウル・グループ。新メンバーにホーン・セクションとオルガンを迎え、数年振りに活動再開!
a0213779_1151129.jpg


こちらが来週金曜日開催のダンスクレイズに出演するブラック・ナグのプロフィール。滲み出るスリル。写真からは、以前ダンスクレイズCDにピート・ロドリゲスのカバー「I LIKE IT LIKE THAT」を収録したこともある伝説のメキシコ産ファンクバンドのコーザ・ノストラのジャケットを(下記リンク参照)、そしてテキストからはファンキーロックバンドのライトハウスを想起させられた。



1968年にカナダのトロントで結成されたライトハウス。当時の日本において、その存在を知っていたのはシカゴやブラッド・スウェット&ティアーズに代表されるようなブラスロック/ジャズロックリスナーに限られていたのではないだろうか?

しかし近年、始まりのドラムブレイクにカッティングギターが合流し、中盤からクライマックスにかけてブラスとストリングスが炸裂する「ONE FINE MORNING」が、ジャンルを問わず多くのクラブDJにプレイされ、またヒップホップシーンにおいては、「LOVE A WOMAN」がピーナッツ・バター・ウルフの「TALE OF FIVE CITIES」にサンプリングされたことでこのグループの名は幅広く知れ渡った。

バンドが活動していた当時の話に戻すと、前述の「ONE FINE MORNING」がカナダで2位、アメリカビルボードでも24位のヒットを飛ばすなど、大きく成功を収めたライトハウスなのだが、こうして世に名が知れ渡る前年の1970年、大阪万博でライブを行なっていたことは意外と知られていない。その共演相手となったのがフラワーズから再編成されたばかりのフラワー・トラベリン・バンド(以下FTB)だったというから驚きである。このような縁もあり、FTBは翌年にアトランティック・レーベルと契約し、アメリカ/カナダで2ndアルバム「SATORI」をリリースした。このアルバムは異国の地カナダにおいて8位にチャートインするなど好調だったが、反対にライトハウスが日本で発売した「ONE FINE MORNING / 邦題:ある晴れた朝」のセールスは振るわなかった。





[PR]
by modthing | 2012-12-13 11:49
1980年代のロンドン・ジャズシーンを築き上げた重要人物の一人、
ボブ・ジョーンズがオリジナルのモダニストだったことはあまり知られていない。

13そこらの年齢で選ばれしものだけがエキストラ出演できたことで知られる
「レディ・ステディ・ゴー」の収録に何度か行ったことがるというのだから、
やはり相当なモッドだったのだろう。

彼以外にもモッドのキャリアを持ちながら、
その後成功した著名人はマルコム・マクラーレンを筆頭に意外と多い。

このようにイギリスの音楽シーンは、同時代の横の繋がりはもちろん、
過去から現代に至るまでの縦軸に複雑な“系譜”が存在しており、
ジャズであろうとソウルであろうとどこかで繋がっているのが面白いところ。


そんなボブ・ジョーンズがケブ・ダージと共同でコンパイルした
「JAZZ SPECTRUM」(1999年:BBE/UK)は、
『REAL JAZZ FOR REAL PEOPLE』と謳っているだけあって
まさにキラー・ジャズダンサーのオンパレード。

ラテン、ブラジリアンをアクセントに、
多角的にダンスミュージックとしてのジャズを追求しており、
後述の続編と比較しても、桁外れにダンサブルな内容になっている。

その要因は、単に収録曲のジャンルやダンススタイルの相違から来るものだけでなく、
やはり最高の“ダンサー”ケブ・ダージの視点が強く影響している印象を受ける。




そして翌年発売された「JAZZ SPECTRUM2」(2000年:BBE/UK)は
ボブ・ジョーンズ単独でコンパイルした作品。

さらなるジャズの解釈の可能性を見せた80年代のジャズシーンで
一気に広がりを見せたフュージョンを中心としたセレクト。

前作ほどの派手さや目新しさこそないものの、
冒頭のジャパニーズ・フュージョンの最高峰「Trinkets and Things/Ryo Kawasaki」から
時にはR&Bよりのものまで、自身のジャズDJとしてのキャリアをコンパイルしたともいえる
深みのある最高の選曲になっている。

ということで、この話題に関連した情報のいくつかを...。



【NAGOYA CLUB JAZZ FESTIVAL 2013】
http://www.facebook.com/pages/NAGOYA-CLUB-JAZZ-FESTIVAL/313686328648930
冒頭でも少し触れたモッズとジャズの関係性、
現代のここ名古屋でも着々と進んでいます。
その目玉の一つが、昨晩発表されたこちら。

「NAGOYA CLUB JAZZ FESTIVAL 2013」(2月2日土曜日開催)に、
名古屋モッズシーンからダンスクレイズのフェイス・タクと私が参加します。
こういった他シーンのイベントに「スーツを着てスクーターで乗り付ける」、いかがでしょう?
モッズに属しているからこそできる格好良さの一つなのではと思います。



【Keb Darge Japan Tour】
12.22.sat NUDE RESTAURANT 2012 WINTER ALL-NIGHTER
http://www.facebook.com/events/177468152393643/

12.29.sat @ SEA CAKE STYLE
KEB DARGE JAPAN TOUR 2012 IN HIROSHIMA
http://richdoughnut.tumblr.com
そしてフェイスブックを毎日賑わせているのがこれらケブ・ダージの来日ツアー情報。
いずれも最高(!)の夜になるはず。他にもまわるそうですよ。



【Bob Jones - Mixcloud 】
Mixcloudもやっています。少し時間ができたので、またゆっくり聞きたいと思います。
http://www.mixcloud.com/drbob-jones/



【DANCE CRAZE!】
そして、忘れてはいけません。こちらも凄いことになりそう。近々公開予定!
http://www.facebook.com/events/114152515413012/






a0213779_21142426.jpg


Jazz Spectrum II - Bob Jones

Trinkets & Things - Ryo Kawasaki
The Mouse - Senor Soul
Seeds - Sahib Shabab
Black Fox - Freddie Robinson
Better Than Anything - Julie Kelly
Panamanian Aire - Byron Morris
Stormy Jazzmin PT II - Stormy Jazzmin
Baja Run - Don Randi & Quest Baja Run
See You Later - Joanne Grauer
Son - Irakere Chekere
Soulin' With The Riverea's - Julius Jones
No Man No - Bill Reddie
Birimbau - Os Maracatu
Little B's Poem - Dee Dee Bridgewater
Babete - Made In Brasil
The Hipster - Harold McNair
Ridin' High (PT I & II) - The Bobby Cooke Quartet



[PR]
by modthing | 2012-12-11 21:54
ブログトップ