modthings

modthings.exblog.jp

modthings

カテゴリ:MODS( 42 )

a0213779_22462433.jpg


ダンスクレイズの前売り特典CDにスパンキー・ウィルソンの「LOVE LAND」という曲を収録しました。チャールズ・ライトがオリジナルのこの曲は『LET IT BE』というアルバムに収録されています。

黄色いタートルネックのジャケットが印象的なこのアルバムは、フリーソウル・ムーブメントでも取り上げられたことに加え当時のプレス数も少ないこともあって未だに手に入れるのが困難なのですが、一昨年の秋に娘が産まれたときに広島シックスティーズシーンの方々からお祝いとして頂きました。以来、私の宝物で常に全力でプレイしています。

スパンキー・ウィルソンといえば、本国イギリスではレアグルーヴ・クラシックとしてアシッドジャズのボックスCDにも収録された「YOU」や「SUNSHINE OF YOUR LOVE」が人気で、私自身もこの「YOU」をよくプレイしますが、こちらはバスドラの威力が本当に凄い!両方ともに素晴らしい曲なので、ぜひダンスクレイズのフロアで体感して頂きたいと思います。

ダンスクレイズは今週土曜日開催、場所はお馴染み新栄クラブブッダです。ぜひお気軽にご参加くださいませ!



Spanky Wilson - Loveland (motherhs records MLP-75)


Spanky Wilson - You (mothers records 1310-X)


[PR]
by modthing | 2014-12-04 11:37 | MODS
a0213779_22472120.jpg


Ian Wright監修の名コンピ『Sister Funk2』の中でも一番欲しかったこの曲を、先日ついにオリジナルのRED LABEL盤で手に入れました。

実物にカートリッジを落としてヘッドフォンで聴いてみると、曲名とリンクするかのように心地よく包み込む低音に驚きました。また緩急をつけたドラムやゴスペルなコーラス、全体的にシャリっとした乾いた質感が響き渡るまさに至高の一曲。ぜひフロアで体感して下さい!


『Richi Corbin Trio - A Woman Was Made For A Man (RED LABEL) 』

[PR]
by modthing | 2014-12-03 11:29 | MODS
12月6日(土曜日)開催のダンスクレイズの前売りチケットは
大須ファブシックにて絶賛発売中です。

a0213779_2210022.jpg

[PR]
by modthing | 2014-11-17 22:11 | MODS

a0213779_123239.png

a0213779_1225599.png


1950年代後半から60年代半ばにかけてロンドンの若者を中心に流行したカルト・ユースカルチャー“モッズ”。シャープなオーダーメイドスーツからリーヴァイス、フレッドペリー、クラークスなどに代表されるカジュアルスタイルまで、自身が愛好するファッションを身に纏ったモッズは、ヴェスパやランブレッタといったイタリア製スクーターを移動手段とし、リズム&ブルースやジャズ、ソウルミュージックなどのアメリカ産ブラ ックミュージックがプレイされるモッドクラブで夜通し踊り狂っていた。これらのモッズのライフスタイルは、その誕生から半世紀以上経った今も尚、多くの人々を魅了し続けている。ダンスクレイズでは往年のモッドイズムを踏襲しつつも、いまの空気感を取入れたモッドクラブスタイルをお届けします。

ファッション・音楽・ダンス・ヴィンテージスクーターなど、さまざまな要素が融合したモッドイベント「ダンスクレイズ」は、音楽ファン以外も楽しめる空間となっているのが最大の魅力。いつもの人はもちろん、初めての人も気軽に足を運んで名古屋モッズシーンを体験しましょう!


DANCE CRAZE!

■ 12.6(sat) 10PM start

■ club buddha : http://www.clubbuddha.com/ 

■ 前売りチケット: 2000yen (with 2drink + CD) / 当日 : 2000yen (with 1drink) 

■ 60's R&B, Soul, Jazz and Funk

■ Guest DJ : RICKY(Reggae Oldies)

■ CRAZE SET! : TAKU / KITAZIMA / MORIMOTO

■ 前売りチケット取扱店(特典CD付き)
fab chic
http://www.facebook.com/pages/fab-chicファブシック/468638863213203
住所:名古屋市中区大須3丁目37-37 
電話:052-251-6570 
[PR]
by modthing | 2014-11-05 12:03 | MODS
a0213779_2332736.jpg


Ian Wright-監修の名コンピ『Sister Funk2』に収録されたことで一躍有名となり、JAZZMANから再発されたことでも知られる 「Sheila Wilkerson - Baby Your A Jive Cat (RFT – 3012)」を手に入れることができました。ブーガルーにファンクが絡んだ1968年作の強烈なダンスナンバーをモッズやソウル/ファンクダンサーにお届けするのがとても楽しみです。

この曲の発表から5年後の1973年、ニューソウル期まっただ中にリリースされたスティーヴィー・ワンダーの『インナーヴィジョン』は多くの音楽リスナーに語り継がれる名盤ですが、なんとその中の「Don't You Worry 'Bout A Thing」にボンゴ奏者としてクレジットされているのがこのSheila Wilkerson。あの天才マルチプレイヤー、スティーヴィーを差し置いてボンゴ叩くとは、シェイラさん最高です(ボンゴ奏者だったのね)。そしてこの2曲を除き活動は全くといっていいほど表舞台に登場しないところもまた。

ちなみにこの「Baby Your A Jive Cat」、こうしたコンピ等で注目されたこともあってEgo Wrappin'にもカバーされているらしいです。ということで、来月20日のダンスクレイズをよろしくお願いします!

Sheila Wilkerson - Baby Your A Jive Cat (RFT – 3012)


[PR]
by modthing | 2014-08-19 16:12 | MODS

a0213779_2365786.jpg

ダンスクレイズ開催は9月20日(土)、新栄クラブブッダにて夜10時スタートです。今回ゲストとして登場していただくのは名古屋在住のソウルコレクター/DJのMARUKO氏。前回のゲスト出演時でみせた
圧倒的なソウルフルなダンスフロアがここクラブブッダに再び!

これぞソウルの結晶!純度100パーセントの世界!

地元広島を始めとする日本各地のソウルシーンからの信頼も厚いMARUKO氏によるDJプレイ、どうぞお楽しみに!!


1950年代後半から60年代半ばにかけてロンドンの若者を中心に流行したカルト・ユースカルチャー“モッズ”。シャープなオーダーメイドスーツからリーヴァイス、フレッドペリー、クラークスなどに代表されるカジュアルスタイルまで、自身が愛好するファッションを身に纏ったモッズは、ヴェスパやランブレッタといったイタリア製スクーターを移動手段とし、リズム&ブルースやジャズ、ソウルミュージックなどのアメリカ産ブラックミュージックがプレイされるモッドクラブで夜通し踊り狂っていた。これらのモッズのライフスタイルは、その誕生から半世紀以上経った今も尚、多くの人々を魅了し続けている。ダンスクレイズでは往年のモッドイズムを踏襲しつつも、いまの空気感を取入れたモッドクラブスタイルをお届けします。

ファッション・音楽・ダンス・ヴィンテージスクーターなど、さまざまな要素が融合したモッドイベント「ダンスクレイズ」は、音楽ファン以外も楽しめる空間となっているのが最大の魅力。いつもの人はもちろん、初めての人も気軽に足を運んで名古屋モッズシーンを体験しましょう!

■ 9.20(sat) 10PM start

■ club buddha : http://www.clubbuddha.com/

■ 前売りチケット: 2000yen (with 2drink + CD) / 当日 : 2000yen (with 1drink)

■ 60's R&B, Soul, Jazz and Funk

■ Guest DJ : MARUKO

■ CRAZE SET! : TAKU / KITAZIMA / MORIMOTO

■ 前売りチケット取扱店(特典CD付き)
fab chic
住所:名古屋市中区大須3丁目37-37
電話:052-251-6570
[PR]
by modthing | 2014-08-12 21:55 | MODS

a0213779_20112390.jpg


今回ゲストとして登場していただくのは、名古屋スキンヘッズシーンのNutty Tommy氏。UKカルトカルチャーのスキンヘッズやカジュアルズといったスタイルを自らの行動によりこの名古屋シックスティーズシーンに紹介している。前回のゲスト出演時でみせたあの爆発的な盛り上がりが再び!どうぞご期待ください。


1950年代後半から60年代半ばにかけてロンドンの若者を中心に流行したカルト・ユースカルチャー“モッズ”。シャープなオーダーメイドスーツからリーヴァイス、フレッドペリー、クラークスなどに代表されるカジュアルスタイルまで、自身が愛好するファッションを身に纏ったモッズは、ヴェスパやランブレッタといったイタリア製スクーターを移動手段とし、リズム&ブルースやジャズ、ソウルミュージックなどのアメリカ産ブラックミュージックがプレイされるモッドクラブで夜通し踊り狂っていた。これらのモッズのライフスタイルは、その誕生から半世紀以上経った今も尚、多くの人々を魅了し続けている。ダンスクレイズでは往年のモッドイズムを踏襲しつつも、いまの空気感を取入れたモッドクラブスタイルをお届けします。


■6.7(sat) 10PM start

■club buddha : http://www.clubbuddha.com/

■前売りチケット: 2000yen(with 2drink + CD) / 当日 : 2000yen(with 1drink)

■60'S R&B, SOUL, JAZZ, FUNK

■Guest DJ : Nutty Tommy

■CRAZE SET! : TAKU / KITAZIMA / MORIMOTO

■前売りチケット取扱店(特典CD付き)


http://www.facebook.com/pages/fab-chicファブシック/468638863213203
住所:名古屋市中区大須3丁目37-37
電話:052-251-6570
[PR]
by modthing | 2014-05-24 20:12 | MODS

a0213779_23112331.jpg


ムッシュかまやつ氏といえば60年代に伝説のバンド「ザ・スパイダース」のメンバーだったことが一般的に有名ですが、クラブカルチャーの流れでいうと「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」がアシッドジャズ・ムーブメントの頃にジャパニーズ・レアグルーヴとして再評価されたこともあり、このように氏に対する印象は人によって様々だということも大きな魅力になっていると思います。

この「ゴロワーズを吸ったことがあるかい」を演奏しているのがアメリカのファンクバンド<TOWER OF TOWER>なのは有名なお話。この時期の<TOWER OF TOWER>は「Only So Much Oil In The Ground/放題:限りある世界」が収録された傑作アルバム『Urban Renewal』をリリースしたばかり。その空気も反映されたこの曲は、ミッドテンポながらもタイトな演奏により素晴らしいダンスミュージックになっています(今回かまやつ氏と共演するザ・トランプには、数年前の大阪モッズメーデーで体験したそのダイナミックなサウンドに衝撃を受けました。こちらもお楽しみに!)。

そしてなんといってもかまやつ氏による素晴らしい歌詞。特に一つのことに狂ったりする美学を解いた3番、その後に訪れる喪失感を歌った4番。その後、歌詞に浸るリスナーを置きざりにして曲は終わるのですが、その突き放される感じがまあなんとも素晴らしいです。あの坂口安吾も言っているような"突き放し"の仕掛けがあるんですね。

確かに歳を取ったり長くシーンにいると目新しさも感じにくくなるのですが、私は毎年モッズメーデーが開催されるたびにリセットされる感じがあります。そんな意味でもシーンでお馴染みのみなさんも、そして初めての方もモッズメーデーを楽しみましょう!

この曲、
聴けるかな、
聴けないかな。
それは当日のお楽しみということで!


でもフロアは禁煙となっておりますのでゴロワーズはご遠慮ください。
[PR]
by modthing | 2014-05-02 21:32 | MODS
先週はモッズメーデー名古屋2014<MODS MAYDAY NAGOYA 2014>のCD作成に追われていました。5人のホストDJによる計20曲にものぼる、それぞれのフロアシェイカーが詰め込まれたこちらのCDは当日先着100名様に配布させていただきます。

そんなノヴェルティーCDを作っている時にふと思い出したのがこちらのCD。実はこれ、2003年のモッズメーデー名古屋で先着で配布されたもの(写真)。私が初めてモッズメーデーなるものに遊びに行った時に頂いたものです。

このCDに収録されてある曲で一際目を引くのが"CHICO HAMILTON - FOR MODS ONLY"という曲。それにしても凄いタイトルですよね。アーチー・シェップが名付けたのでしょうか。こちらは今でもダンスクレイズでプレイされるモッドジャズクラシックです。早い時間にDJをする時はジャズをプレイすることが多いので、その時間に来ていただければと思います(またこの曲もダンスクレイズのCDに収録したいと思います)。

でも来月のモッズメーデー名古屋は決して"モッズ・オンリー"な雰囲気ではありません。どなたでも歓迎のフランクなパーティー。ダンスクレイズもそうですね。みなさん一緒に楽しみましょう。

ということで、みなさま来月10日はLive & Lounge Vioにてモッズメーデー名古屋2014が開催されますので是非遊びに来て下さい(会場内は禁煙となっております。ご協力お願い致します)。


モッズメーデー名古屋2014<MODS MAYDAY NAGOYA 2014>
http://modthings.exblog.jp/19675970/


MODS MAYDAY NAGOYA2003 Novelty CD
a0213779_227364.jpg


CHICO HAMILTON - FOR MODS ONLY(Impulse! 2:45)
a0213779_214753100.jpg


CHICO HAMILTON - FOR MODS ONLY(Verve 4:23)
from Sounds From The Verve Hi-Fi 7" BOX SET
a0213779_2147382.jpg





[PR]
by modthing | 2014-04-27 22:40 | MODS
『MODS MAYDAY NAGOYA 2014』


1990年に誕生して以来、毎年5月に開催され続けている『MODS MAYDAY NAGOYA』は今年で25回目を迎える。名古屋エリアの60sシーンで活動するバンドとDJに加え、全国各地からもシーンで活躍しているゲストを迎えての開催となる、まさに名古屋の全てのMODSや60sフリーク、ヴィンテージ・ミュージックファンに向けたスペシャルな祭典である。

今年は伝説のGSバンド「ザ・スパイダース」のギター/ヴォーカルを担当したムッシュかまやつ氏が東京の和製R&B集団「ザ・トランプ」とともに登場。合計7バンド+1CLUB+6DJの豪華ラインナップに、名古屋の主要MOD/60sイベント「DANCE CRAZE!」「Da Doo Ron Ron」「MAXIMUM R&B」によるフルサポートでこれまでにない熱い夜を演出する。

この日のためにオーダーしたスーツでキメたモッドや60sなワンピースで着飾るモデット、クールなステップで盛り上がるフロア、きらびやかなヴェスパやランブレッタ……。
60年代、世界で最も熱かったロンドンがここ名古屋に甦る。


Blokes and Birds! "MODS MAYDAY NAGOYA" is the most happenin' 60s party in Japan! Join us in your coolest 60s threads for an all-nighter filled with the best DJs and live R&B, Soul, Blues, Jazz, Beat, Ska and more! The night begins with Vespas and Lambrettas cruising the town in our vintage scooter run. See you there!

a0213779_229462.jpg

[PR]
by modthing | 2014-04-13 21:30 | MODS
ブログトップ