modthings

modthings.exblog.jp

modthings

モッズシーンから見たアシッドジャズ誕生までの流れ<前編>

■アシッドジャズ

1980年代にイギリスのジャズシーンから派生した文化。ジャズ・ファンク、ソウル・ジャズ、モッズ等の影響を受けた音楽のジャンル。またエディ・ピラーとジャイルス・ピーターソンによって設立(1987年)されたレコードレーベルの名称。レーベルアーティストとしてブラン・ニュー・ヘヴィーズ、スノウボーイ、コーデュロイ、ジェイムス・テイラー・カルテット、ジャミロクワイなどが挙げられる。



a0213779_037562.jpg


アシッドジャズを上手く説明するのはとても難しいのですが、それを簡単に解決してくれるのが、昨年秋にレーベル設立25周年を記念してリリースされた『ACID JAZZ: THE 25TH ANNIVERSARY BOX SET』。中身は、

・同レーベル作品から厳選された60曲以上をCD計4枚(詳細は文末)
・設立者エディ・ピラーらへの最新インタビューやPVほかを収めたDVD
・2曲の未発表トラックを収めた7インチ・シングルも同梱
・レーベルの歴史を掲載した24ページのブックレット
・レーベル作品のアートワークを掲載した52ページのアート本

と、入門者からマニアまで唸らせるこの内容はレーベルの軌跡を辿る以上のもので、内容同様に豪華なパッケージングや随所に見られるこだわりに制作者サイドのアシッドジャズへの愛を感じ取ることができます。





ACID JAZZ: THE 25TH ANNIVERSARY BOX SET

a0213779_12134012.jpg


60曲を超える楽曲群のオープニングを飾るのはホセ・フェリシアーノによるスティーヴィー・ワンダーのカバー「Golden Lady」。この始まりはアシッドジャズが単なるレーベルではなく"ムーブメント"だったことを象徴しているといえるのではないでしょうか。

さて、アシッドジャズといえばどこか"モッド"的な匂いを感じるという方も多いと思います。それもそのはず、このレーベルを設立したエディ・ピラーはモッズシーン出身の人物なのです。元々アシッドジャズはロンドンジャズダンスカルチャーをベースに誕生したため、ジャズシーンとは異なるモッズからの視点でレーベル誕生までの軌跡が語られることがありませんでした。そこで、今回はこのレーベル誕生の裏側を紐解く鍵になる<80年代中期のロンドンジャズシーンにモッズシーンがどのような形で接触したか>を、モッド・エディ・ピラーの歩みに沿って紹介したいと思います。







Eddie Piller

a0213779_1233329.jpg



■1964〜1979年

エディ・ピラーは1960年代中期にロンドンの下町イーストエンドで生まれました。母親はスモール・フェイセスのファンクラブを運営しており、ジャズ寄りの元モッドでランブレッタにも乗っていたという父親は賭家を運営していたため、若い頃からポップミュージックや堅い仕事には興味がなかったといいます。

ファンクラブ設立の経緯はこうです。イーストハムにあった父親の賭家の隣には、スモールフェイセスの初代キーボーディスト、ジミー・ウィンストンの両親が経営するパブ(the Ruskin Arms public house)があり、その関係でバンド結成時にウィンストンの親からエディの母親にファンクラブを設立して欲しいとの依頼があったようです(後にエディの母親は悪名高いマネージャー、ドン・アーデンによって解雇されます)。90年代中期にアシッドジャズから、インプレッションズのアルバムタイトルから持って来たスモール・フェイセスのバイオグラフィー『the Young Mods' Forgotten Story』が出版されたのには、こうした背景があったのですね。



■1979年

このような環境で育ったエディでしたが、モッドになったのはザ・ジャムとバズコックスの影響が大きかったようです。そんな彼にとって1979年はひとつの転機となります。この年は映画「さらば青春の光」やリチャード・バーンズによる写真集「Mods!」の出版、さらにザ・ジャムの飛躍もありモッドリヴァイヴァルの盛り上がりは最高潮に達していました。それまでのシーンは、前述のバンドに加え、パンクムーブメントと並行して出てきたドンキーズやファースト・カーズといったネオモッズバンドのギグ(DJさえもいなかった)が中心でしたが、前述のようなオリジナルモッズの生態を綴った映画の公開や写真集の出版によって後のモッドクラブシーンの復活に繋がる種が蒔かれます。実際エディも、その年にロング・トール・ショーティーのマネージャーがライブ間にDJを始め、その時初めて聴いたブッカーT&MG'ズの「Green Onions」に衝撃を受けたのがDJを始めるきっかけだった、と語っています。



■1979、80年〜

1979年以降のモッドリヴァイヴァリスツは、以前にも増してオリジナルモッズに憧憬を抱くようになり、その当時はまだ珍しかった過去に遡っての情報収集により60年代の音楽やファッション、書籍を追求していくようになります。そしてこの頃からエディはシーンの中で精力的に活動していきます。

1980年にDJを始めたエディは、ちょうどその前年に発表されたオリジナルモダニストのランディー・カズンズによるモッドクラシックチャート『Original Mod Top 100』に影響を受け(これまでに94枚を集めたのだそう)、DJを始めた頃のプレイスタイルはモッド、パンク、スカを混ぜたものでしたが、1983年にザ・ワグ(元The Whisky-A-Go-Go)でプレイするようになる頃にはノーザンソウルやジャズを取入れるようになります。

また、ファンジン「Extraordinary Sensations」の制作にも力を入れていきます。メインはバンド情報やモッドクラブ情報で、またいち早くカラーコピーを導入するなどした結果、多くのファンジンが乱立する中で常に一歩先を行く存在でした。





Extraordinary Sensations

a0213779_12134552.jpg



さらにエディはジョージィ・フェイムも在籍していたアヴァターという大きなインディーレーベルで働き始めます。最初は配達係として、それも自分のランブレッタで配達するというなんとも下町根性丸出しのモッドっぽいスタートでしたが、結局相次ぐ車両トラブルにより半年ほどで出版部に異動になります。そんな彼でしたが、このレーベルではこんな経験も積みます。ある日上司が彼に聞きました。

「エディ、運転はできるか」
「できます」
「よし」

こうして、当時レーベルにいたエドウィン・スターのUKツアーに同行することになり、北部のラジオ出演や、ノーザンダンサーからスキンヘッズまで、さまざまな人種が数千人規模集まったといわれるノーザンソウルクラブでのライブを体験しました。


しかし、そんなアヴァターを18ヶ月で離れたのには理由があります。それはファンジンの発行部数が15,000部とシーンでの影響力が大きくなっていたところに、ロサンゼルスのバンド、ジ・アンタッチャブルスから自分たちを売り出して欲しいとの連絡がきます。エディのレーベルには大きすぎるので、テリー・ローリング(Mod : A Very British Phenomenon著で有名)に相談したところ、「マッドネスもサインしたくらいさ、スティッフレーベルなら大丈夫だよ」との返事がありました。そこで、このコネクションからスティッフで働き始め、当時バンド情勢に詳しかったエディはジ・アンタッチャブルスをここから売り出すことに成功します。

このレーベルからは"アンチメジャー"の姿勢とレーベル運用のノウハウを学びます。また、スティッフ傘下の自身のレーベル、カウントダウンからはメイキン・タイム等、80年代中期を代表するモッドリヴァイヴァルバンドを売り出し、さらにはこの時代の特徴でもあるソウルの影響を受けたこれらのバンドの楽曲を集めたコンピレーション『54321GO』(1985年)をリリースします。





the Untouchables

a0213779_1244164.jpg



the COUNTDOWN compilation 54321GO

a0213779_1245047.jpg



■1985〜1986年

すべてが順調に進んでいたと思われましたが、この頃から同じモッズシーンの勢いがあった競合ファンジン「Phenix Lists」のマーク・ジョンソンによって、モッズのルールや規律が設けられ、次第にシーンが組織化されていきます。このことが原因で、古くからのモッズの反発やそれまで水面下にあった問題が一気に表面化し、ついにシーンは分裂します。

マークと敵対するエディやその仲間達は、彼を海に放り投げたり、ランブレッタを真っ二つにするなど、若さ故の行き過ぎた行動によって半ば締め出される形でこのシーンを去ることになります。エディによると、1986年のあるパーティーで自身のDJでかけた「Tighten Up」でフロアのマーク側のモッズが一斉に居なくなった(音楽的なルールなのか、敵対するエディに対しての報復なのかは不明)ことが、このシーンを去る決定的な出来事だったといいます。

そして、スティッフレーベルは経営の悪化により存続の危機に立たされていました。



後編>へ続く







ということで、ジャズシーンにモッズシーンが接触し、アシッドジャズが誕生する<後編>へと続くのですが、まるでアシッドジャズ誕生前夜のような体験ができるかもしれないフェスティバル【名古屋クラブジャズフェスティバル2013】が来週開催のなのは皆さんもうご存知ですよね?モッズシーンから我々ダンスクレイズも出演するので、皆さん是非遊びに来て下さい。

お得な前売りチケット

①当日券よりも1,000円お得
②3月1日金曜日開催のアフターパーティーに半券持参で無料でご招待致します。
※ドリンク代500円必要です。


は大須ブルードレスやチケットぴあでも取り扱っていますので、どうぞお気軽にお買い求めください。





NAGOYA CLUB JAZZ FESTIVAL 2013





a0213779_1756999.jpg

名古屋クラブジャズフェスティバル2013
http://www.facebook.com/pages/NAGOYA-CLUB-JAZZ-FESTIVAL/313686328648930


a0213779_1756711.jpg

NAGOYA MODS
http://www.facebook.com/NagoyaMods







『ACID JAZZ: THE 25TH ANNIVERSARY BOX SET』
【CD】
DISC 1:PUT IT ALL TOGETHER AND WHAT DO YOU GET
1 Golden Lady Jose Feliciano Original Album Version 4.20
2 Love The One You’re With The Isley Brothers Original Album Version 3.27
3 Lady Day & John Coltrane Gil Scott Heron Original Album Version 3.34
4 Is It Something You Got Tyrone Davis Original 7” Version 2.40
5 Don’t You Care Alice Clark Original Album Version 2.49
6 You Spanky Wilson Original 7” Version 2.16
7 Right On Clarence Wheeler & The Enforcers Original Album Version 4.39
8 Bert’s Apple Crumble The Quik Original 7” Version 2.14
9 Who’s Afraid Of Virginia Wolfe Part 2 Jimmy Smith Original Album Version 2.3
10 Milestones Mark Murphy Original Album Version 2.26
11 Smokey Joe’s La La Googie Rene Original 7” Version 2.49
12 Black Whip Boogaloo Joe Jones Original Album Version 6.45
13 Murriley Charles Earland Original Album Version 6.36
14 Expansions Lonnie Liston-Smith Original Album Version 6.05
15 Go Bang # 5 Dinosaur L Original Francois K 12” Mix 7.40
16 I’m A Man Chicago Original Album Version 7.40
17 Can’t Dance With You Small Faces Original 7” Version 3.13
18 Southern Man Sylvester & The Hot Band Original Album Version 4.32
19 I Don’t Do This (To Every Girl I Meet) Sydney Joe Qualls Original 7” Version 3.06
20 Ordinary Joe Terry Callier Original ‘Fire On Ice’ Album Version 4.54

DISC 2:SOMETHING HAPPENING AT THE DANCE
1 Blacker Ballistic Brothers Original Album Version 3.51
2 The Masterplan Diana Brown & Barry Sharpe Original 12” Version 4.03
3 Know How Young MC Original 12” Mix 4.00
4 Original Dope Outlaw Posse Original Richie Rich 12” Instrumental Mix 4.10
5 Solid Gold Ashley & Jackson Original Acid Jazz Album Mix 4.00
6 Hot Music S.O.H.O. Original 12” Jazz Mix 5.04
7 The Nervous Track Nuyorican Soul Original 12” Ballsy Mix 6.26
8 Earthly Powers A Man Called Adam Original 12” Mix 8.55
9 I’m Gonna Love You Jestofunk Original MC Turbo 12” Sax Mix 4.20
10 Super Strut The Apostles Original Album Version 4.21
11 Jazzy John’s Freestyle Stonebridge Original 12” Dub Mix 5.01
12 Helping Hand Arthur Miles Original 12” Mix 4.43
13 From The Ghetto Dread Flimstone Original 7” Version 3.19
14 Bonita Manana Espiritu Original 12” Mix 3.45
15 If The Papes Come A Tribe Called Quest Original 12” Mix 5.46
16 BNH Brand New Heavies Original Album Version 5.54
17 Fredrick Lies Still Galliano Original 7” Version 4.59

DISC 3:HOW’D WE GET US HERE…?
1 Jazz Thing Gang Starr Original 12” Mix 4.43
2 Get Yourself Together Young Disciples Original 12” Mix 5.20
3 Dream Come True Brand New Heavies Original 12” Mix
4 Love Will Keep Us Together JTQ Original Ian Green 7” Mix
5 The Loud Minority United Future Organisation Original Japanese 12” Club Mix 4.55
6 Theme From New Avengers Snowboy Original 12” Mix 4.41
7 Fresh In My Mind A Forest Mighty Black Original 12” Mix 4.40
8 Oh Shit Pharcyde Original Album Version 4.22
9 Black Whip Chapter & Verse Original 12” Mix 3.33
10 Back By Dope Demand King Bee Original 12” Mix 3.35
11 Theme From Starsky & Hutch James Taylor Quarter Original 12” Mix 5.56
12 Always There Incognito Original John Morales 12” Mix 6.38
13 Too Young To Die Jamiroquai Original Album Version 6.04
14 Apple Green Mother Earth Original Album Version 4.26
15 Love Sick The Night Trains Original 12” Mix 4.25
16 Beads Things & Flowers Humble Souls Original 12” Mix 5.01
17 The Ladder One Creed Original Album Version 3.58
18 Funky Jam Primal Scream Original 12” Mix 5.24

DISC 4:SMOKERS DELIGHT
1 Les Fleur Minnie Ripperton Original Album Version 3.16
2 Cosmos SX 2000 Paul Weller Original 12” Dub Mix 7.19
3 Non Corparealness Mother Earth Original Album Version 6.05
4 Rassellas Mr Scruff V Manasseh Original Album Version 5.55
5 Movements In Dub (Roots) Roots Radics meets the Scientist Original Album Version 5.07
6 Render Your Heart Dread Flimstone Original 12” Mix 5.04
7 Chase The Devil Max Romeo Original 7” Version 3.25
8 You Never Get Away Delroy Wilson Original 12” Dub Mix 7.24
9 Leaders & Believers ENC Original UNKLE Album Mix 5.12
10 Astralisation Snowboy Original 12” Mix 6.13
11 Still Swingin’ Sleeve Original 12” Mix
12 The Groove Jazzy Jeff & The Fresh Prince Original 12” Instrumental Mix 5.33
13 I Wanna Get High Cypress Hill Original 12” Mix 2.56
14 Galactic Rush Jhelisa Original 12” Instrumental Mix
15 Nothing Sandals Original 12” Dub Version 8.04

【DVD】 (NTSC/Region 0)
Interview with Eddie Piller and Dean Rudland

1. Snowboy - Anarchy In The UK
2. Mother Earth - Find It (In The End)
3. The Brand New Heavies - Dream Come True
4. The James Taylor Quartet - Love Will Keep Us Together
5. Smoove Feat Jess Roberts - Coming Back
6. The Third Degree - Mercy
7. The Night Trains - No More Heroes
8. Janice Graham - Band Murder
9. Gregory Isaacs - Feeling Sad Tonight
10. Matt Berry - So Low
11. Men Of North Country - Debut
12. Twisted Tongue - A Really Good Thing

【7 Inch Single】
A. The Brand New Heavies Feat. Jan Kincaid - Never Stop (Original Mix)
B. The Brand New Heavies - Rock Steady (Instrumental)




The Mod Top 100
(このチャートには、あるトラップが仕組まれています)

a0213779_12415066.jpg

a0213779_12422666.jpg

[PR]
by modthing | 2013-01-26 18:19 | MODS
ブログトップ