modthings

modthings.exblog.jp

modthings

さらば青春の光の“裏”

・モッズ
モッズ (Mod, Mods, Modernism or sometimes Modism) は、イギリスの若い労働者がロンドン近辺で1950年代後半から1960年代中頃にかけて流行した音楽やファッションをベースとしたライフスタイル、およびその支持者を指す。モッズファッションとしてよく連想されるものとして、髪を下ろしたMod Cut、細身の三つボタンのスーツ、ミリタリーパーカー、多数のミラーで装飾されたスクーターなどがある。wikiより

・さらば青春の光
1965年、ロンドン。広告代理店でメッセンジャーをしているジミー(フィル・ダニエルズ)は、仕事そっちのけで、モッズの仲間たちとドラッグやダンスに明け暮れる毎日を過ごしている。街では皮ジャンにリーゼントスタイルのロッカーズも群をなしており、モッズたちとの対立は深まるばかり。ジミーが、週末に仲間と訪れた海岸の街・ブライトンでも、モッズたちとロッカーズの衝突から暴動が起こり、彼自身もケンカに巻き込まれてしまう。そして、警察が出動し、新聞でも大きく報道されたこの事件は、両親や会社の上司の知るところとなり、ジミーは世間から疎外されてしまうのだった・・・。wikiより

a0213779_0414670.jpg

[QUADROPHENIA]



このモッズカルチャーに興味を持った殆どの人間が見ているはずのモッズフィルムの金字塔「さらば青春の光」を初めて観たのは、たしか高校1年生の頃。それから今までに何度か、主にファッションの参考に観たのですが、主人公ジミーの着こなしと喋り方、フェイス役のスティングの田舎臭さなど、それらがどうも苦手で、ぼんやりとした印象しか残っていなかったのですが、最後に見てから既に5年は経過しており、その間シネマハスラーではないけれど多少映画の見方もわかるようになってきた気がするので、今一度映画作品として真面目に見てみようと思いました。結論からいうと、これまでの評価が一転、実に素晴らしい作品でした。そこで今回は手始めとして、この映画をオリジナルモッドと絡めて少し深い話をしてみたいと思います。


2006年に発売されたスペシャルエディションDVDの発売は多くの人にとって事件でした。そのDISC2に収められてある内容はこちら。

・メイキング・オブ・「さらば青春の光」
・監督によるロケ地解説
・ザ・フーとその時代
・キャスティング秘話
・撮影秘話
・時代を超えて
・エンディングシーンを語る

中でも一番衝撃的だったのが、当初、ジミー役の候補にあのセッックスピストルズのジョニー・ロットン(ジョン・ライドン)が挙がっていたということ。

実際に彼はオーディションでセリフテストなどを完璧にこなしたのですが、素行が悪過ぎたために保険会社から許可が下りなかったことは、今年発売されたモッズに関するあれやこれやをA to Z方式に簡潔にまとめた「A to Z of Mod」にも書かれています。

さらにこの本には、ジミーのモデルになった人物として“アイリッシュ・ジャック”が紹介されています。彼はザ・フーの5人目のメンバー(メンバーは4人)としてその名を知られており、バンドとの関係は若きモッド時代から現在に至るまで続いています。また、アイルランド出身のシェパードブッシュエリアのモッド(ジミーもそうですね)で、アイリッシュ・ジャックという名前はザ・フーのマネージャーのキット・ランバートが名付けました。あのリチャード・バーンズの写真集「モッズ!」にも登場しており、<チューインガム・ウィークエンド>という言葉を考えた人物としても紹介されています。

a0213779_0194595.jpg

a0213779_020682.png

[IRISH JACK]




さて、このジョニー・ロットンとアイリッシュ・ジャック。
二人の人物に共通するものは一体何だかわかりますか?

そうです。
彼らはともにイギリスに暮らすアイルランド人だったということ。アイルランドとイギリスには長年の確執があり、イギリスにおけるアイルアンド人に対するは差別は大変酷く、根が深い問題だそうです。

ジミーにどこか“孤独な陰り”を感じられるのは、精神的な部分や薬の作用以外にもこうした背景があるのかもしれませんね。仮にこのような“裏”設定があるのだとすれば、そしてキャスティングにthe WHOのメンバーも関係しているのだとすれば、ジミーの候補がアイルランド系のジョニー・ロットンだったというのは妙に納得がいきます。


ちなみに、この映画の軸となるモッズvsロッカーズの抗争。バンクホリデーの度にブライトンをはじめとする海岸で数多く繰り広げられたそうですが、実際にはモダニストの多くがこのような抗争を嫌っており、キッズが参加していたというのが定説です。そのことからも、アイリッシュ・ジャックが暴動に参加した可能性は低いと思いますが、中には暴動に参加したというランディー・コーゼンスのような武闘派(?)モダニストもいたので、実際のところは不明です。FBで本人に聞いてみても面白いかもしれませんね。

続く

a0213779_0191792.jpg

a0213779_0193013.jpg

[RANDY COZENS]

[PR]
by modthing | 2012-12-29 00:43 | MODS
ブログトップ